轟美穂の今日のボイコネ! mihotodo.exblog.jp

轟美穂の活動記録 info@voiceconnection.net


by mihotodoroki
プロフィールを見る
画像一覧

粛粛と…

「自分に今できることは何か」
「自分が今すべきことは何だろうか」

と、この10日間で一度は考えた方は多いことでしょう。
私もこの10日間、いつもの生活を普通どおりすごすべきだ、と思いながらも、何か自分の本質が問われているようで、
なんだかだんだん元気がなくなってきて、そんな自分がなさけないなあ~、と感じつつ仕事をしていました。


     翻訳家、スタイナー紀美子さんの許可を得て、以下の言葉をご紹介します。
       私たちが、「行為の結果にとらわれず」に最善を尽くせますように



*************************************  



              どんなときも憎しみは、
     憎しみによって消滅することはありません。
        愛によってのみ消滅するのです。
         これは不変的な法則です。
              仏陀 
 
 

   平和のために尽したい人は、行為の結果にこだわらないようにしなければなりませ
   ん。思い通りにいかないことがあるたびに心を乱していては、自分自身が暴力的に
   なってしまうからです。暴力反対のデモをやっている人たちが、時として暴力をふる
   うのと同じです。
  
   上記の仏陀の言葉は、「どんなときも暴力は、暴力によって消滅することはありま
   せん。非暴力によってのみ消滅するのです。これは不変的な原則です」と言いかえる
   ことができます。敵に勝つためには、心穏やかで憐れみ深くなければなりません。人
   はたいてい、負けや挫折は自分を弱くするものだと思っていますが、負けたときにこ
   そ、私たちは心の奥に深く入り込み、大きな力を引き出すことができるのです。マハ
   トマ・ガンディにとっては、一見、負けたように思えたときが一番いい状態だったの
   です。数々の大きな取引は刑務所のなかで行なったと、ガンディは言っていました。
   「負け」は、無欲の人々の人生において、機会への窓としてよく登場します。あな
   たが霊的な道を歩み、他者のためになるような生き方をするようになると、おのずと
   チャレンジも多くなり、心の奥にもっと深く入り込むことができるようになります。

   人は困難なことがなければ、人生の上面をなめるような生き方しかできません。
   ガンディ がめずらしく内面を語ったなかに、「私は嵐が大好きです」という言葉があ
   ります。

               エクナット・イーシュワラン (スタイナー紀美子 訳)
by mihotodoroki | 2011-03-21 08:40 | つぶやき