轟美穂の今日のボイコネ! mihotodo.exblog.jp

轟美穂の活動記録 info@voiceconnection.net


by mihotodoroki
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

町家同居人の加藤わこさんの紹介で、数年前から、時々京都ライトハウスで音読ボランティアをさせていただいています。

その一環としてめぐりあった、金子みすゞ の詩。
毎年一度、音読させていただいて、もう3年目になりますが、今年になって、ようやくみすゞさんの世界が少しだけ、感じられるようになってきた気になっています。

やさしく、すべてを受け入れ、それでいて寂寥感のある 詩の数々。
その中でも釘付けになったのが、この詩です。

                「生きたかんざし」

              子守ころころ漁師の子
              もしやもしや髪の毛、これやいいな、
              雀、巣かけよととまつたら、  
              赤いダリヤが燃えてゐて、
              あつつ、あつつと
              飛んで逃げた。

              日ぐれにやしほれたかんざしは、
              髪から抜かれてすてられて、
              濱からかへった母さんに
              髪結てもらふ漁師の子。
              雀は軒に
              巣をかけた。



この詩を読んで、私には、すべてが腑に落ちたような、深い感動がありました。

ディレクターとして、NHKスペシャルで金子みすゞをテーマに番組制作もした、今野勉さんの
「金子みすゞふたたび」(小学館)に掲載されていた詩の解釈を引用します。

   「生きたかんざし」「ダリヤ」とは何か。ダリヤは漁師の子の髪を飾っていた。
   雀がその子の髪の中に巣を作ろうとした。ダリヤは炎となって雀を追い払った。
   本来そこは巣をつくるべきところではないからだ。
   日暮れにダリヤはしおれてしまった。漁師の子はダリヤを捨てた。ダリヤのおかげで
   髪の毛の中に巣を作られなくてすんだ漁師の子は、そんなことは知らず、家に帰って
   母親に髪を結ってもらった。ダリヤに追い払われた雀は、本来巣を作るべき軒先に巣
   を作ることができた。
   誰も、役に立ったダリアのことは知らない、ダリヤは地面に捨てられてしまった。しかし世   の中は、収まるべきところに収まったのだ。

捨てられたダリアは自分であっていいというみすゞの思いが、この詩に込められていると、今野さんはこの後に述べています。

自分は誰にも知られなくても、たとえ思い通りの生き方ができなくても、全体としておさまっているのなら、それで良かったのだ というみすゞの思いに強く心打たれました。


a0063096_1504172.jpg
東京では、毎日の生活と仕事で、詩集をめくるような心の余裕が私にはありませんでした。
自分に足りないことを学ぶために、京都に来ることになっていたのかな。
いつか、心からこの詩のように思えるようになりたいな と思います。
もうちょっと修行が必要かな!?
    
          
          
by mihotodoroki | 2009-01-30 01:42 | つぶやき
昨日俳協ボイスアクターズスクールの授業に出かけたら、、劇団俳協のCさんからチョコレートをいただきました。
a0063096_22343213.jpg


おおっ!思いがけずもらったプレゼント!
パッケージもかわいくて、さらにうれしくなってしまった私に、「このチョコの絵はイラクの闘病中の子供が書いたんですよ~」と言いながら、新聞記事を見せてくれたCさん。

このチョコレートは、JIM-NET日本イラク医療支援ネットワークという団体が実施している、バレンタインチョコ募金のキャンペーン。その名も、「限りなき義理の愛大作戦2009」。

500円の募金をしてくれた人にお返しにもらえるそう。募金は、小児ガンや白血病と闘うイラクの子供たちのために使われます。

中には六花亭のアーモンドチョコが六粒。とってもおいしい♪
チョコをあげる相手にも、イラクの子供たちにも喜んでもらえるなんて、すばらしいですね!
こんどのバレンタインデーには、どうせ買うならこんな贈り物はいかがでしょう?

       チョコのお申込みは、JIM-NET まで
by mihotodoroki | 2009-01-24 22:38 | つぶやき

ル・サルモン・ドール

この記事は、ファーストフィニッシングスクール Rie Okudaさんのブログにトラックバックしています。

12月16日のブログにも書きましたが、クリスマスソワレの講師に呼んでいただいた、ファーストフィニッシングスクールの奥田先生と豪華なビジネスランチに行ってまいりました。

場所は前からず~っと行ってみたかった、祇園のル・サルモン・ドール

a0063096_13202194.jpgここは、以前京都ホテルオークラのフレンチレストラン ピトレスクで料理長をされていた上島康二さんのお店。
実は、上島さんの奥様とは、私が京都に来たばかりの頃からのお友達です。
それ以来、上島ご夫妻とは家族ぐるみでおつきあいいただいてます。


祇園の和の空間に、モダンな感覚が融合した店内は、ステキの一言。
天橋立から取り寄せた魚にお野菜たっぷりのお料理も最高。
カウンターで上島さんが直接サーブしてくださったりと、あたたかいおもてなしもすばらしかったです。
2階にはワインバーがあり、大人のかくれ家のようなかんじで、私にはもう関係ないのが残念ですが(笑)、デートの場として最高の舞台です。
こういう場所に連れていってくれる男性は、ちょっとステキ と思います。

何よりも上島シェフが実にいいお顔をされていて、ご自分で創造した空間でイキイキといいお仕事をされているのが、じ~んとうれしかった私でした。


a0063096_13163255.jpga0063096_13175435.jpg










奥田先生は、いつも美しくエレガントですが、ユーモアのセンスもあって、お話が面白いんですよね。
この日も二人で爆笑するシーンもたびたび。
またお仕事の進め方が抜群で、キャリアウーマンとして、すごくバランスの取れた方です。
お仕事ぶりを見ているだけで、私も勉強になることがたくさん。

とりあえず、今年私は 奥田先生とその生徒さんを見習って、肩を出した服を着
てみることを宣言しました。(ホントに!)
肩甲骨の動きもこの機会に研究しますよ。
発声にもきっと役立つはずです。


最後に上島シェフと3ショット。(写真はすべて奥田先生に撮っていただきました)
奥田先生の美しい手の組み方に前からあこがれていて、この日教えていただいた
のに、写真見ると私の手はまるで… ど、どらえもん!? あ~、むずかしいっ。

いい仕事をしているお二方に触れて、元気をもらった一時でした。
私も信念を持ってがんばりますです!

a0063096_1324684.jpg

by mihotodoroki | 2009-01-22 13:30 | 京を歩く
今日は寒いですね~。
今朝から町家にいますが、コート脱げません 笑。
町家ご訪問の際は、ぜひみなさま 暖かくしていらしてくださませ~。


1月11日付  京都新聞8面の 「MyウェイMyライフ」に掲載していただきました。

             記事はこちら

この「MyウェイMyライフ」のバックナンバーにはさまざまな業種の女性が登場しています。
それぞれの立場での取り組みを読んでいると元気でます。
↑のリンクから飛べるので、見てみてくださいね。
by mihotodoroki | 2009-01-13 13:03 | つぶやき

つながる…

新しい年、仕事もはじまり、どんな気持ちで過ごされていますか?
今年もお正月は家庭中心に過ごし、今日から仕事をはじめました。

年末に思いがけず声をかけていただき、京都新聞1月1日の「わたしのキーワード」に
寄稿させていただきました。
書かせていただいたのは、 
   キーワード     つながる
      放送界で20年。憧れの地京都で活動を始めて4年目の
      今年は、気負わず、気取らず、繕わずを目指します。
      子供のような気持ちで、自分の心と、相手と、まっすぐつながる。
      その強さを信じて仕事で声を使う方のお役に立ちたいです。


京都に引っ越てきたのは5年前です。
関西に住むのも生まれてはじめてで、右も左もわからず、双子はまだ0歳。
病院さえどこに連れていったらいいのかわからないけれど、調べる時間はおろか、
顔を洗う時間もないほど。
これからどうしようか、と思っていたのが、ちょうど5年前の今頃でした。
睡眠不足で身体も疲れ果て、声もロクに出ない。
こんなんじゃナレーターですなんて恥ずかしくて言えない。
私これからどうしよう。どんな風に暮していけばいいんだろう。
と、思っていました。

そんな私が、今町家でレッスンをさせていただいて、来てくださる方がいて、
友人もでき、京都で楽しく暮らせていけるのは
京都で出会った人の親切のおかげだなあと思います。
ほんとにみなさん、ありがとう。

今年もみなさんのお役にたって自分も楽しいという時間をたくさん作っていきたいと
思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
by mihotodoroki | 2009-01-06 17:59 | つぶやき