轟美穂の今日のボイコネ! mihotodo.exblog.jp

轟美穂の活動記録 info@voiceconnection.net


by mihotodoroki
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

先日、友人の翻訳者、永井麻生子さんの出版記念講演にお邪魔しました。
「ジャック・マー アリババの経営哲学」出版記念講演会
a0063096_08571775.jpg
この本は、昨年の暮れにディスカバー21から出版されて、2015年5月現在、3刷、2万6千部発行という、このカテゴリーのビジネス書としては大ヒットを記録しました。で、今回は記念の講演会です。

中国ビジネスど素人の私が特に心に残ったのが、ジャック・マーの考え方です。
偉業を成し遂げたジャック・マーには、4つの成功哲学があると、永井さんが本を引用しながら解説してくれました。門外漢な私なりにまとめてみますと

1.永不放棄~決してあきらめない
  自分を疑ってもいいけれど、自分の信念は疑うな。
  あきらめる人に成功者はいない。
   
2.未来観
  未来を予測する最善の方法は、自分で未来を創造することだ
  未来=若者 にチャンスを
  
 
3.失敗観
  成功学というのは偶然の要素が大きいので参考にならない
  一方で失敗には合理的理由があるので多くを学べる
 (という理由で、ジャック・マーは成功事例を学ぶMBAをあまり評価していないそう)
4.外界観
  距離があることがわからないことを恐れる
  自分が遅れていることが気付かないことが問題だ

あきらめなければいつか成功するのだ、失敗はありがたい、嘆くな、
未来は自分でつくるのだから思い煩うな、とにかく続けることだ、

と、書いてみるとなんだかインパクトが薄くなってしまいますが、永井さんの話が面白かったしジャックマーの個性がとにかく強烈で、ものすごく頭に入りました。
経営に詳しい人だったらより深い理解があるかもしれないけれど、私は元気がでました。

この本は「経営哲学」と銘打っていますけど、単なるビジネス本とは思いません。
とても読みやすいので、就活の学生や、オーディション前のボイス生にも読んでほしいです。新しい人生を踏み出す人にも「効く」と思います。

ところで永井麻生子さんは2005年頃から中国のビジネス書を翻訳して日本に紹介しています。
5年間でなんと8冊!
実は私が初めて彼女に会ったのは、ディスカバー21の干場社長が講演に来られたセミナー会場なのですが、その時に麻生子さんもはじめて干場社長に出会ったのです。2010年のことです。
それから5年で思いを形にした麻生子さんが本当すごい。
横で眺めていて元気が出ました。
これからもがんばってほしいです。
私もがんばろう~。
(って、これは成功事例に学ぼうとしていることになるのかな 笑)

あまりうまく撮れなかったのですが写真乗せておきます。
誰かいいのくださいな~。

a0063096_08445890.jpg
a0063096_08450155.jpg
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Please visit our web site! 
voice connection
http://www.voiceconnection.net/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★













by mihotodoroki | 2015-05-09 09:07 | イベント